株式会社バイオコクーン研究所

株式会社バイオコクーン研究所
Biococoon Laboratories, Inc.

桑、蚕(野蚕)、繭、蛹、カイコ冬虫夏草由来のあらゆる機能性を科学的技術で解明、商品化し、新たな養蚕技術としてこれからの世代に継承します。


事業部

事業部概要

所在地

事業部&工場 〒963-5664 福島県東白川郡棚倉町大字塚原字強清水7
TEL&FAX:0247-33-9278

事業内容

  1. カイコ冬虫夏草の製造・販売
  2. 養蚕イノベーション関連商品の製造・販売

アクセス

東北新幹線新白河駅約27km、JR水郡線棚倉駅約3.6km、近津駅約1.5km(地図)

製品

ご注文はこちら⇒直販フリーダイアル 0120-108-933(平日10-16時)

冬虫夏草とは

冬虫夏草とは、生きている昆虫に菌が寄生し、昆虫を栄養素としてキノコ(子実体)をつくる菌類のことです。本来、冬虫夏草は、コウモリガに寄生するチベット産の菌類(コルディセプス・シネンシス)につけられた名前ですが、現在では、数百種類もの昆虫等に寄生してキノコを作る菌類が知られるようになり、それらを総称して冬虫夏草と呼んでいます。

1.歴史

古来、中国では万病に効くとのことから、数千年前から使用されていたと考えられており、漢方薬や薬膳の素材として「不老長寿、滋養強壮の薬」として珍重されてきました。日本には約200年前に中国からもたらされたと言われており、漢方薬として、滋養強壮や肺結核の治療に使われてきました。

2.一般的に伝えられている機能

冬虫夏草は、 「神農本草経」によれば、「上品」すなわち養命(生命を養う目的)で、無毒で長期服用が可能な薬に分類されており、身体を軽くし、元気を益し、不老長寿の作用があるものと言われています。一方、冬虫夏草という名称は中国古来の陰陽五行説により命名されたもので、その薬理作用は中医学では益腎補肺 止血化痰とあり、腎と肺に作用すると言われています。近年では、この他に不眠、生活習慣病、認知症、がん等にも効果があると言われています。

3.カイコハナサナギタケ冬虫夏草

これまで述べてきました狭義の冬虫夏草は、天然物であるため非常に高価で、入手困難であること、品質にばらつきがあることなどから、人工栽培に関する種々研究がすすめられた結果、近年ではカイコのサナギを培地とした人工栽培によるサナギタケ冬虫夏草(コルディセプス ミリタリス)やハナサナギタケ冬虫夏草(イザリア ジャポニカ)が安定的に製造・提供可能となりました。株式会社バイオコクーン研究所(旧東白農産企業組合)では、純国産の材料のみでの人工栽培技術を確立し、皆さまにサプリメントとして提供することに成功しました。

4.カイコハナサナギタケ冬虫夏草に含まれる成分

カイコハナサナギタケ冬虫夏草には、低分子多糖類やミネラル類も多く含まれており、良質なアミノ酸と豊富なビタミン類の相乗効果が期待できます。以下に代表的な成分をお示しします。

マンニトール腸内細菌環境の改善、利尿
β-グルカン消化管粘膜組織の免疫細胞を刺激して腸管免疫力を向上、腸運動の促進、コレステロールの低下、免疫力向上によるがん抑制
ビタミンB1糖質からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。また糖質を栄養源として使っている脳神経系の正常な働きを助けます
ビタミンB2新陳代謝の促進、抗体産生能力の向上など
ビタミンB6タンパク質代謝能の向上
ビタミンD免疫力の向上、骨の健康維持、カルシウムバランスの保持
エルゴステロールカルシウムやリンの吸収促進(ビタミンD2効果)
トコフェロール脂質代謝の促進、動脈硬化の防止、不妊の改善など
ナイアシン糖質、タンパク質、脂質の代謝促進
亜鉛骨の発達、疲労回復、男性機能改善
セレン抗酸化、甲状腺ホルモン活性化
マグネシウムタンパク質の合成やエネルギー代謝促進,スムーズな筋肉収縮作用,血圧調整,体温調整,血糖値の調整、動脈硬化や心臓病,高血圧,高脂血症の予防、糖尿病・血糖値の改善
マンガン骨の健康維持